子どもの人権について

      2016/05/07


「保育指針13章から考える人権について」。

お台場のテラスのあるレストランでご飯を食べてから人権についてレポートを書いた。

テラス子ども

 

旧保育所保育指針13章の「子どもの人権」についてわかりやすかったのは

豊川市保育所人権保育指針(平成24年3月策定)

http://www.city.toyokawa.lg.jp/kosodate/portal/teate/hoikushojinken.files/study_28013.pdf

大阪府/大阪府人権保育基本方針

http://www.pref.osaka.lg.jp/kosodateshien/jinkenhoiku/kihonhoushin.html

こども2

本では東大名誉教授の堀尾輝久先生の言葉がわかりやすかった。

以下抜粋。

『子どもの権利を考える前に、子どもとは何かということがまず問われている。子どもは人間である。子どもは子どもである。今いる大人を乗り越える存在である。子どもは未熟な存在と言われるけど、未熟とは何なのか。一般的には完成した大人のモデルに近づけるのが、その未熟の捉え方。しかし、そうではなく、まだこれから発達する可能性を秘めた存在としてとらえ直すこれが子どもをとらえる基本にならなければならない。発達の可能性を秘めた存在として見直していく。同時に人間であり、われわれを乗り越えていく可能性を持つ

 

レポートでは「自分ができていないこと」も考えた。

 

図書館で書庫にある本を持ってきてもらった。1979年に書かれたものだったけれども、そこにある保母さんたちの実践は「子どもの可能性を伸ばすために」何をしたらいいのか道しるべになった。

kodomo2ここではわたしが見つけた答えは書きません。特に子どもに携わる人たちにはどうしたら子どもの可能性を伸ばすことができるのか、自分で見つけてほしいので。御題目みたいに念仏を唱えるみたいになってほしくないから。

この記事を書いた人

アジュア
瑠璃色の蒼空が大好きな保育士です。
8年目の今年は初担任になります。
瑠璃色の蒼空に主の帆が立ち並ぶことを願って・・・。

 -保育日誌,

  関連記事

待機児童と保育士不足

「保育園落ちた 日本死ね!!!」。この過激なタイトルのブログが国会で取り上げられている。過激なタイト

その子に合うやり方で 

最近3人の子どもが一時保育に来ました(^^♪ 泣きやみ方は3人それぞれでした。 2歳児の女の子はアン

朝ごとに新しく

新しい環境で0歳の担任になりました♡ 毎日覚えることがあり、子どもの記録をつけたり持ち帰りの仕事もあ

Googleと田中角栄と先生

タイトルの3者(2者と1社)に共通することです。 実は「人材確保法」を知らなかったので調べてみました

女の子が夢見るプリンセス

昨日礼拝後、姉妹達と食事に行きました。そこで髪型がプリンセスみたい、と褒められたHちゃんが「小さい頃

「あんぱんとアンパンマン」

はじめまして!アジュアです♪よろしくお願いいたします(*^_^*) 「新しくしなさい」とおっしゃった

仕事で「心をつくし、精神をつくし、思いをつくし」たこと

熊本の地震でお亡くなりになった方々のご冥福と、被災なさった皆様が一刻も早く安寧な日々を取り戻されるこ

食育:そらまめくんのベッド

保育園で食育をしました! 今が旬のそらまめ。(^^♪ そらまめは鞘が空を向いているから空豆というらし

no image

つながっているものは一つ。

研修で学んだことを生活で生かせませんでした。   6月に心肺蘇生訓練などの救命救助の講習を

no image

生きる意味

ある人が見た幻についてわたしが知り、そのことをこのブログである人に伝えたいと思いました。以下が幻とW

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新しいブログ始まりました★

摂理の帆掛け船、JUGEMでブログを新規スタートします。 いままでの、 アジュアさん、 ぴょん吉さん

只今ブログ移行中★

2017年度から新しくする予定で、只今ブログを移行しています。 完全に移行し終わったら、新しいURL

福を呼ぶカエルとうずらちゃんのかくれんぼ☆

実は、昨日のブログに補足がありました☆   乳幼児向けのシナリオですが、アドリブで0歳児バ

『あきらめないで、くりかえしやること』

わたしは今日、初めて摂理の子どもたち用礼拝のシナリオを書いて、パペットで劇をしました。教会のメンバー

今日のお話なぁに? ☆第2弾☆

今年は1年生の担任。 最近は1年生でも、「○○ちゃんが好き」とか言ってます…摂理人としては、胸が痛む