生きる意味

      2016/05/07


ある人が見た幻についてわたしが知り、そのことをこのブログである人に伝えたいと思いました。以下が幻とWです。

 

『幻で先生の祈りの姿を見たのですが、漆黒のような暗闇しか見えなくて、もう一度よく見てみると、暗闇の中に輝く星がひとつあるのが見えました。

しかしあの小さな星だけで暗闇を覆うことができるだろうか? 光が暗闇を退けるにはあまりに小さいです。しかし暗闇は決して光を覆うことはできません。 光は暗闇を覆って、 この世を照らすでしょう。祈る人は悟るでしょう。

先生はまるで真っ暗な罪悪で満ちた この世にあって、一筋の唯一の光です。 罪でいっぱいに埋まったこの世にあって 唯一な天の愛、完全な善人であり、義人です。 小さな光のように、一人で 罪で満ちた、悪で満ちたこの世を照らそうと、 先生はもがいていらっしゃいます。サタンが握っている暗い世界で、祈りの光で サタンを一人で退けている先生の姿でした。わたしたちも光になって先生と接木しなければ。 摂理史皆がそうすることが三位の願いです。光が集まって 光が火のように起こり 暗闇を照らすことで 完全に覆って、闇を追い払いましょう。』

 

なぜこのWを伝えたいと思ったかお話しします。

 

最近わたし自身が霊的に信仰的に高みに登れなくなっていました。また生活においても、仕事や世の中を治めていくことに関してもそうでした。仕事の面では「やる気がでない。モチベーションが上がらない」、生活面では「なぜ生きるのか、生活をなぜきちんとしないといけないのか」という思いに答えが見つかりませんでした。信仰的に見れば、講義案を作る意欲が低下し、ストイックに自分を追い込むことができないと言うか、情熱が何もかもに失われていました。

生活面では結婚していれば家族がいるからご飯を作るだろうけど。共に生きる人の存在が自分にとって、また自分の存在が相手にとって、「何で自分はこれをやるんだろう」と思う必要がないくらいに、生を営む理由になるんじゃないかなと思いました。

 

仕事面ではモチベーションが上がらないというのは、今に始まったことではなくて、いい環境―いじめる人がいないとか、理想的な先輩がいたりする中でも感じていました。でもブログを始めたら少しは変わるかなと思いました。

 

そうやってわたしが生きる動機を見つけられなくて、逡巡して「情熱」を願うようになりました。Wへの情熱、仕事への情熱、やる気・・・。

 

それはお芝居への情熱を持ち、演劇に没頭し、そして魂の片割れに出会うお話しに影響されました。主人公が家族を持つ二次創作を読んだり、主人公を支え続ける恋人の心情に触れたり、ヒロインの気持ちに触れ、その子の愛がお芝居に昇華されていく様を読みました。

だんだんとその話は主人公と主人公を支える男の人の愛の話になるのですが、人は誰かや何かのために生きるようになっているのかなと思いました。

 

わたしが「霊的な高みに登れない」と思った時に、過去にWを与えてくれた人を思い出しました。今近くにいてももしかしたら高みに登れないかもしれない。でも他には生きる意味を見つけられないのです。もしかしたら、その人に伝えるつもりでなら講義案を作れるかもしれない。もしかしたら、生活でも「こんなことがあったよ」と伝えたらそれが生きる目的になるかもしれない。仕事も。そう思ったんです。他にはないんです。昨日のブログからその人に伝えることを考えて書きました。もちろん、他の人も見るから影響を受けて行動するかもしれないからそういう所に考慮した部分もあるし、ただ聖霊の感動で書いたところもあります。

 

でもこれでも生きる目的につながらなかったら廃人になっちゃうから怖い思いもあります。あるけど、聖霊の感動もあります。もしかしたらこういう思いでブログ書いてほしいって三位は願っていたのではないかという。

 

わたしが最近夢を見た時にそのわたしが届けたいなと思っている人が立派なお屋敷でえらそうな人たちたくさんと会っていました。人脈を今作っているのかなと思いました。あと考えていなかったのに夢で見たから夢ではその人の姿なんだ神様は、と見た当初は思いました。

冒頭のWを読んで、その人に伝えてあげたいなと、あと他にも苦しんでいる兄弟姉妹がいたら伝えてあげたいなと思いました。

「生きる意味がわからない」といっちゃうようなわたしだけど。

生活の中のことも伝えるようにしたら一つになっていけるのかな?(←この文章は今聖霊の感動で出てきた言葉です。)

 

仕事では「アイスクリームの歌」と「夏のしりとり歌」をやろうと思っています。「アイスクリームの歌」は園の7月の歌の中の1つです。少しピアノを練習しようかな。「夏のしりとり歌」は前の園で毎年夏に歌われていました。そのしりとりのイラストをPCで出してスケッチブックに貼って子どもたちにその絵を見せてあげながら歌うの。それが楽しかったから。子どもたちが大好きな歌だった。

スマホこわれちゃったから、写真は撮れないけど、作ったら報告したいです。とりあえず今週末に夏祭りがあるからその準備もやらなきゃだけど。

職場では噛みつきがあり、それを防げなくて、施設長に「何で子どもが『イヤダ』と言うより先に噛んじゃうと思う?」と聞かれて、「言葉より先に感情が立ってそれが行動に出ちゃうと思う」と答えました。その後施設長の話を聞いてなぜか涙がでました。大体こういう内容です。以下ネットより。

 

子どもの噛みつき…どうすればいい?保育士さんが教えるプロの対処法より

 

例えば自分の欲しいおもちゃを他の子が使っていた時、お友だちに何かをわかってほしいと思った時などに、言葉の代わりにとっさに「噛みつき」という行動が出てしまうのです。

【理由1】気持ちを言葉にできない

気持ちがうまく言葉で表現できない…大人でもとてももどかしい気持ちになりますよね。子どもたちも同じ。おもちゃを貸してほしくても、その意思を表現できず、噛みつくことで意思表示をしてしまうことがあります。

 

言葉にならない言葉』より

『「まだ、自分の気持ちをうまく言葉で表せない」ということです。1~2歳のこの時期というのは、自我が芽生え、「これがしたい!」「あれが欲しい!」「自分で!」といった自分の思いは、とても強くなってきているのに、それをうまく言葉で表せずに、自分の思いが相手にわかってもらえないことで、イライラしていることが多いのです。また、この時期は「考えるより先に行動してしまう時期」であり、大人のように「こうしたらこうなる」という見通しが、まだはっきりと持てないので、「ボクノ!」「ドイテ!」「ウルサイ!」「イヤダ!」などという言葉の代わりに、とっさに、かみついたりしてしまうのです。ですから、こうした行為も、その子たちにとっては、「言葉にならない言葉」なのです。』

 

何で涙が出たのかな。噛みつく子の気持ちとかよくわかっていなかったのかな。ああ、でも聖霊様の感動でブログを書きました。

この記事を書いた人

アジュア
瑠璃色の蒼空が大好きな保育士です。
8年目の今年は初担任になります。
瑠璃色の蒼空に主の帆が立ち並ぶことを願って・・・。

 -保育日誌, , ,

  関連記事

Googleと田中角栄と先生

タイトルの3者(2者と1社)に共通することです。 実は「人材確保法」を知らなかったので調べてみました

『あきらめないで、くりかえしやること』

わたしは今日、初めて摂理の子どもたち用礼拝のシナリオを書いて、パペットで劇をしました。教会のメンバー

聖霊様のご飯

研修に行ってきました!  😛 蓼科いい所でした♡ この研修で同期の仲間も出来て仕事のやり方、上司への

お弁当もって遠足に行こう!

今日、教会の子どもたちに絵本を読みました。テーマは「お弁当もって遠足に行こう!」。   あ

仕事で「心をつくし、精神をつくし、思いをつくし」たこと

熊本の地震でお亡くなりになった方々のご冥福と、被災なさった皆様が一刻も早く安寧な日々を取り戻されるこ

女の子が夢見るプリンセス

昨日礼拝後、姉妹達と食事に行きました。そこで髪型がプリンセスみたい、と褒められたHちゃんが「小さい頃

食育:そらまめくんのベッド

保育園で食育をしました! 今が旬のそらまめ。(^^♪ そらまめは鞘が空を向いているから空豆というらし

子どもの人権について

「保育指針13章から考える人権について」。 お台場のテラスのあるレストランでご飯を食べてから人権につ

no image

つながっているものは一つ。

研修で学んだことを生活で生かせませんでした。   6月に心肺蘇生訓練などの救命救助の講習を

小さな手

母乳を哺乳瓶でうまく吸えない女の子が一人います。 哺乳瓶を使ったのはお母さんが病気でおばあちゃまから

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新しいブログ始まりました★

摂理の帆掛け船、JUGEMでブログを新規スタートします。 いままでの、 アジュアさん、 ぴょん吉さん

只今ブログ移行中★

2017年度から新しくする予定で、只今ブログを移行しています。 完全に移行し終わったら、新しいURL

福を呼ぶカエルとうずらちゃんのかくれんぼ☆

実は、昨日のブログに補足がありました☆   乳幼児向けのシナリオですが、アドリブで0歳児バ

『あきらめないで、くりかえしやること』

わたしは今日、初めて摂理の子どもたち用礼拝のシナリオを書いて、パペットで劇をしました。教会のメンバー

今日のお話なぁに? ☆第2弾☆

今年は1年生の担任。 最近は1年生でも、「○○ちゃんが好き」とか言ってます…摂理人としては、胸が痛む