祈りと御言葉が武器だ

      2016/05/07


お久しぶりです。いろいろ書きたいことはありますが、今日出勤で帰り際に話したことを少し証します。

 

「生活の中のことも無理やり解いてはいけない」と今週御言葉で教えていただきました。「相手のこともそうだ」と。

 

職場で、「サタンがこの人に働いているのかな」と思う人がいます。ただ、今週のWで学んだし、うちの教会の先生からバイブルスタディで「無知」の話を聞いているので「この人はこうだ」と決めつけるのもよくないかなと思っています。

 

話が脱線しますが、前職場で、あるクラス主任の先生がいました。

わたし達一時保育の職員にはすごく優しい先生でした。お土産を下さったし、日頃から気を使って下さり、わたしがTシャツを忘れた時には貸して下さいました。

でも、一緒にクラスを運営していく職員や、そのクラス付になって手伝う非常勤職員には厳しいところもありました。ちょうどその年度が職員を減らされたりして大変だったこともあると思いますが、新人の職員が1年で辞めたり、手伝いに来た非常勤が2人続けて1か月ほどで辞めたり、次の年には臨時で入った職員が精神的なところから体調を崩しました。わたしの同僚がそのクラスに入って見たことを聞くと主任の先生の言い方がキツイということでした。

 

わたしたち一時保育の職員はそのクラスにいつも入る訳ではないから、どちらかというと「お客さん扱い」で、「手伝いに来てくれてありがとう」と感謝されていました。 だからわたしたち「一時保育の職員」と「一緒にクラス運営をしていく同士」になる立場では扱いも違うのかなと思います。

 

ただ、どこのクラスでもこんなに辞める人が続出したわけではないし、体調不良になった先生が復帰されてから直接聞いた話だと「もう非常勤はいいかな。いつもひどいところに当たっちゃう。前もこうで、今回も友達に話すと『それはひどいね』と言われた。」と言っていました。

その体調を悪くされた先生が特に「困った先生」と言うわけではなかったことは、その先生が復帰して違うクラスに配属され、そこでは生き生きと働かれていたのをこの目でしっかりと見ているので証出来ます。

 

『保育園』は楽しいところでもあるけど、「ストレスが多い職場」でもあるそうです。

 

わたしが今日の帰りにある人に話したことは

言いたいことはわたしに直接言ってください。」「悪評をばら撒かないでください。」(これは「間違っているならすみません」と後で言っておきました。)「(相手が)怒ることで納得できることもあるけどわからないこともある。」「(相手が言う)ちょっとしたことというのが、微妙なニュアンスで、それは○○さんのさじ加減で決まるのではないか。」(要するに○○さんが気にいるか、気にいらないか、というそういうところで判断をしているのではないかと。)

「今まで働いてきて問題にされたことがないのに、問題にされるからよくわからない」、「夏祭りの制作をするために残っていることがなぜ『職場の空気を乱す』といわれるのかわからない。」ということです。

「(わたしのことを)悪く考える気がする」というと「そうね」と言っていました。

いろいろ相手も言うのでわたしもしっかり「掃除をないがしろにしているのでなはない。順番を考えてやっている」、「時間配分を考えて、これだけの掃除を任されるともしかしたら最後に鍵を閉める人を待たせることになるかもしれない、と思い予め『掃除が終わらないかもしれない』と話した。」とか、「布団敷きとかをつまらなそうにやっている」と言うので、「つまらないとは思っていない。布団という物を相手にニコニコやらないと思う」とか、わたしの表情のことを言うので「真面目な話をしに来た時や、掃除のこととか手順を変えた方がいいのではないか、と指示されたことと違うことを言いに行くのだから真面目な顔で言わないとおかしいと思う。そこでニコニコして言うのもどうかと思う」と意見を言いました

 

以前、職場ですごいイジメにあって泣いて、切れて、結構強くなったかなと思います。(言い返せるようになった。それまでは「我慢しなきゃ」と言う感じだったので。)その前からも違うところで「強いね。これだけ言われても平気なんだから。」と言われてましたけど。

 

正直言うと、今の職場で言ってくる人と(この人とうまくやっていこう)とかはあんまり思っていない。

誤解されるようなところがあなたにある。そういうちょっとしたところを直したら周りとうまくいくんじゃないかと思って言っている」とその人は言っていました。

そういう時に思い出すのが前の職場の先生達。別に今のわたしとそんなに変わらないわたしを受け入れてくれていたから。

 

わたしにとっては今の職場でギャンギャン言う人を見て「悪評って今、本当に激しいんだ。これを見て悟らなきゃ」と思います。

またJが「わたしの言葉を受け入れないものは裁かれている」という言葉を思い出して、そりゃぁ、わたしはJみたいに完璧ではなく、失敗があり、だからそこに悪評を許してしまう土台があるのだけど、それでも思うのはわたしと言う一人の人間を見た時にどう判断するかとか、受け入れるかとか、それとも批判するか、悪く言うかというのは、相手によるなあと思います。

確かに失敗も多いけど。

 

でも、前回ブログで『目が腫れて病院を受診した子がいた。それはわたしの保育で泣きすぎたから』と書いたでしょう?それをmtgで、施設長は「○○君はよく目を擦るから」と言ってくれました。そう、泣いていたのは他の子の方が泣いていたし、その子は結構寝ている時間が多かったから。ただ、わたしが子どもたちをぎゃん泣きさせたのは本当。

 

「真実」って言うとおこがましいけど、その人の心に悪が入っているのか、それとも違うのか、それは話したり、前後の辻褄とか考えると何となく伝わる。その「伝わってきたもの」と思うもの、つまり「自分の考え」が主の考えではない時はわたしが困る時。

 

ただ、わたしが思うのは、以前のわたしは「この歴史を広げるためにはわたしが受け入れられないと御心を広げられない」と思っていたから、そう思うと「周りとうまくいくように」というお祈りをよくしていたと思う。

でも今は相手の立場によって態度を変える人がいることも経験上わかったし(今日のブログには書いてない人です)、「うまくいくように」というお祈りはしなくなりました。そういうお祈りをすると何か自分を殺してしまうことが多かった気がするから。でも人事権を握っているひととぶつかってばかりいるとそれもよくないと思うけど。あと、最初に話した辞めてった先生たちの話だけど、園ではクラス主任の先生の話しか聞いていなかった。

うちの先生は「山の稜線を見るように双方の話を聞きなさい」と教えてくれるのに。

 

「喧嘩上等」と思って生きているわけではないけど、祈りつつ話すところは話した方がいいかなと思う

先生も『「祈りと御言葉」がサタンを退ける殺虫剤だ』とおっしゃったから。

この記事を書いた人

アジュア
瑠璃色の蒼空が大好きな保育士です。
8年目の今年は初担任になります。
瑠璃色の蒼空に主の帆が立ち並ぶことを願って・・・。

 -保育日誌

  関連記事

宝石のような個性

日曜日に、日頃お世話になっている牧師さんと教師や保育士でお話しをしました。わたしは以前から、職場の相

『あきらめないで、くりかえしやること』

わたしは今日、初めて摂理の子どもたち用礼拝のシナリオを書いて、パペットで劇をしました。教会のメンバー

仕事で「心をつくし、精神をつくし、思いをつくし」たこと

熊本の地震でお亡くなりになった方々のご冥福と、被災なさった皆様が一刻も早く安寧な日々を取り戻されるこ

子どもの人権について

「保育指針13章から考える人権について」。 お台場のテラスのあるレストランでご飯を食べてから人権につ

Googleと田中角栄と先生

タイトルの3者(2者と1社)に共通することです。 実は「人材確保法」を知らなかったので調べてみました

朝ごとに新しく

新しい環境で0歳の担任になりました♡ 毎日覚えることがあり、子どもの記録をつけたり持ち帰りの仕事もあ

no image

生きる意味

ある人が見た幻についてわたしが知り、そのことをこのブログである人に伝えたいと思いました。以下が幻とW

小さな手

母乳を哺乳瓶でうまく吸えない女の子が一人います。 哺乳瓶を使ったのはお母さんが病気でおばあちゃまから

食育 キャベツの中から♪

この間、教会の子どもたちに、手遊び「キャベツの中から」をやってあげた。家でも夜、お布団に入ってから子

no image

祝福

明日から研修で蓼科に行って参ります!(^^)> 話しが変わりますが、「社会人応援会社!Sailing

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新しいブログ始まりました★

摂理の帆掛け船、JUGEMでブログを新規スタートします。 いままでの、 アジュアさん、 ぴょん吉さん

只今ブログ移行中★

2017年度から新しくする予定で、只今ブログを移行しています。 完全に移行し終わったら、新しいURL

福を呼ぶカエルとうずらちゃんのかくれんぼ☆

実は、昨日のブログに補足がありました☆   乳幼児向けのシナリオですが、アドリブで0歳児バ

『あきらめないで、くりかえしやること』

わたしは今日、初めて摂理の子どもたち用礼拝のシナリオを書いて、パペットで劇をしました。教会のメンバー

今日のお話なぁに? ☆第2弾☆

今年は1年生の担任。 最近は1年生でも、「○○ちゃんが好き」とか言ってます…摂理人としては、胸が痛む